ステイン?

個人の生活習慣によって、着色の度合いは違います。

代表的な着色の原因となるのは、「タバコ・コーヒー・紅茶・ワイン・カレー」等です。これらに含まれるタンニンが、カルシウムなどと結合して歯の表面に付着します。これを「ステイン」と呼びます。

ポリリン酸?

このステインを、有効成分ポリリン酸ナトリウム(人体に存在するものなので、体内に取り入れても悪影響はありません)が、取り除くとこで各個人が持つ自然な歯の色を取り戻します。漂白剤や研磨剤などは一切使用していませんので、痛み、歯や歯茎へのダメージは一切ありません。

効果

ポリリン酸はカルシウムと強く結合するため、歯の表面の汚れを押しのけて付着します。一度付着するとはずれにくいため、その後のステインの沈着を防ぎます。また、歯周炎・歯肉炎の予防や口臭予防も期待できます。

アフターケア

効果は、個人の歯の質によって違ってきます。1回で白くなる場合もありますが、基本的に週に2回を3週の計6回をかけて徐々に自然な白さにしていきます。その後は、月に1回のメンテナンスが理想的です。

 

注意事項

生活習慣(タバコ・コーヒー等の過剰接種)によっては、色戻りが早い場合もあります。また、「テトラサイクリン※による変色した歯」「義歯」「神経のない歯」「被せ物や詰め物」にはホワイトニング効果が期待できませんのでご注意ください。

※テトラサイクリンとは、テトラサイクリン系抗生物質の総称。歯の象牙質や骨に沈着します。歯の形成期(0〜12歳)頃に服用すると、着色が起こり、除去することが容易ではありません。以前は、風邪薬などに使用されていましたが、現在ではあまり使用されていません。

 

ポリリン酸はリン酸が数個から数千個直鎖上に重合した高分子物質で、バクテリアから高等真核生物である哺乳類まで、あらゆる生物種の細胞内及び組織内に普遍的に存在している生体分子です。

食品添加物として食品や錠剤に使用されています。

炎症を抑制したり、薬品の苦みを緩和する為の調味料や薬用歯磨き

などにしようされています。

歯周病菌の繁殖を抑え食品の防腐剤などに広く使用されています。

一般的な防腐剤で、広く使用されています。

Copyright© Regarro Beauty Creations. All Right Reserved Secure Server